下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因に野菜不足

下痢が続く原因に野菜不足も!?

下痢が続く原因は様々あります。腸の病気に下痢の原因があって、医師の治療に必要なものもあるし、一時的な腸の働きの低下が下痢の原因となっておこるもの、ようすをみてもよいもあります。
下痢の原因は様々です
そのため下痢の原因はストレスによるものなのか、睡眠不足、食生活、病気などで下痢になっているのかよく見極める必要があります。

長く下痢が続く原因に食物せんいが?
下痢が続いていたり、お腹が弱い方は野菜は食物せんいが怖くて食べられないと言われる方も多いのですが、食べないとビタミン、ミネラル不足になり下痢を悪化させことに繋がります。

また、食物せんいも便の形を作る為には重要なものとなりますので、摂らなければいけないものなのです。野菜不足になると食物せんいも不足することになってしまいます。

現代はインスタント食品や脂っこい食事を摂り過ぎていることもあって、野菜不足が蔓延しています。野菜不足は健康な人にとっても良くないことですし、下痢気味の方にも良くないことです。
水溶性食物繊維
下痢の改善に必要な「水溶性食物せんい」と「不溶性食物せんい」
食物せんいには「水溶性食物せんい」と「不溶性食物せんい」の2種類があります。水溶性食物せんいは、水分を吸収してぬるぬるとしたゼリー状になる物質です。

ゼリー状なので、糖を包み込んで吸収しにくくし、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

また、同じようにしてコレステロールの吸収を抑え、排出しやすくする効果があると考えられています。また、腸の中で発酵すると、ビフィズス菌などの善玉菌を増やして腸内環境を改善する効果もあります。

水溶性食物せんい
水溶性食物せんいを多く含む食品は、ヌルヌル、ネバネバしているのが特徴です。ワカメなどに含まれているアルギン酸、ラミナリン、こんにゃく、山芋、里芋に含まれているマンナン、果実類のリンゴやオレンジイチゴなどをジャムにする時固める成分であるペクチン等が代表的なものです。

その他、果物、抹茶粉末、ピュアココア、納豆などがあります。納豆は不溶性食物せんいもたっぷり含んでいます。
下痢の改善に乳酸菌の多い味噌や醤油
不溶性食物せんい
一方、不溶性食物せんいは野菜、穀類、芋類、果実類に含まれているセルロース、ヘミセルロース、リグニンや玄米、ふすまなどに含まれているキシラン等があり、米みそ、大豆や小豆などの豆類、きのこ類、ごぼうなどに多く含まれています。

これらはいかにも口あたりがボソボソしたものです。野菜などで見ることができるせんいのようなもので、胃や腸で水分を含み、便のかさを増やして排出しやすくしてくれます。

また、腸の蠕動運動(腸が便を校門に押し出す動き)を促して便秘の解消に役立ちます。

不溶性食物せんいも、水溶性食物せんいのように腸内で発酵して善玉菌を増やすことができますが、水溶性のほうがこの効果は高いとされています。

下痢で悩んでいる方やお腹の弱い方は「水溶性食物せんい」を摂るようにした方が良いかもしれませんね。
shutterstock_73660846
下痢の原因となる現代の野菜の落とし穴
また、近年の野菜は昔の野菜と比較すると、ビタミンやミネラルの含有量が減っており、十分と思われる量を食べても実は大したことないと言われています。

その野菜不足を補う為に「青汁」を摂られている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

手軽で野菜不足を補うことはとっても良いことなんです。ですが、「青汁」にケールが入っているものは体を冷やしてしまいますので、下痢の方やお腹の弱い方はお勧めしかねるものなのです。
下痢改善に食物繊維を
また野菜不足を補うために「野菜ジュース」を飲む人がいますが、殆ど食物せんいが入っていない為、下痢の改善には利用できないかと思われます。

下痢の改善には野菜をたっぷり摂りましょう
私は野菜はいつも多くとっていますと言われます。でもその殆どが一日の野菜必要量350gに達していないのが現状です。一番多く摂っている60歳代から69歳までの方の平均野菜摂取量は318.8gです。若者から40歳代の方については平均250g前後です。

いかに野菜不足になっているかが伺われます。
野菜に含まれる成分の複合的な作用が、下痢の改善に役立ちます。野菜は健康を保つために大切だということは着実に浸透してきており、野菜の摂取量は増加傾向にありますが、まだまだ目標量に足りないのが現状です。下痢を改善した方は野菜を意識してしっかり摂りましょう。
下痢を改善する腸内細菌
下痢の改善には腸内環境が良好であること
下痢の方はずばり、腸内環境が良好ではありません。腸内環境が良好だと腸内は正常な働きをしてくれます。水分調整、蠕動運動など規則た正しく行われます。下痢に悩むことはなくなります。

野菜を多くとると腸内の善玉菌が増えていきます。野菜不足を補う野菜のサプリメントや腸内善玉菌を増やすサプリメントを同時に摂ると腸内環境は良好になり下痢の改善は一段と早くなります
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

あまり神経質になりすぎると野菜不足も改善できなくなってしまいますし、下痢も改善されませんので、サプリメントも上手に利用し、普段の食事内容も野菜をたくさん摂り入れたものにするなどしてみましょう。


PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因