下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢と腰痛の関係

下痢が続く原因は食事からあるいは生活環境、体質、病気など様々です。時にまれですが腰痛で下痢になるという人がいます。
下痢の原因を考えよう2
下痢と腰痛の関係
下痢と腰痛という一見すると全く関係ないような二つの現象ですが、下痢になると腰が怠くなる症状というのはありますが、関連性は不明のようです。

しかし、パターンとしては

①腰痛になったから下痢になった

②下痢になったから腰痛になった

③下痢と腰痛が同時に起きた(関連性はない)

の3パターンが考えられます

では、3パターンが当てはまる方はどうやったら改善できるのでしょうか? 

腰痛になると、筋肉が弱り、筋肉や骨のバランスが崩れますので、腰の血行が悪くなり冷え性になりやすくなります。

体が冷えると、下痢になりやすくなるので、腰痛と下痢が同時に起こることがあります。

また下痢の原因として挙げられるものとして長い間の横座り、足組の癖などの姿勢によることがあります。

余談ですが、腸内環境が悪いと坐骨神経痛になると言われます。坐骨神経痛の方で、何をしても治らない方はまずは腸内環境を整えてみましょう。
下痢の原因は大腸ガン
いづれにしても、下痢と腰痛の背景には腸内環境が影響していることに加えて、背骨の歪みということがうかがわれます。

背骨の歪みから腰痛や下痢になるということは殆どの人は知らないと思います。
下痢の原因は腸骨のゆがみ
背骨の歪みがあるときには頭痛や肩こりなど様々な症状があらわれているはずです。悪い姿勢は下痢に大きな影響を及ぼすことがあるのです。
下痢の原因は冷え2
それから、腰痛の原因が内臓から来るものだとすると、内臓の病気のせいで下痢になることがあります。

この場合は、ガンなどシリアスな場合もまれにありますので、何かおかしいと感じたらすぐに病院に行くことをオススメします。

骨盤に近い腰の部分の背骨からは内臓に向けて神経が通っていますので、腰痛の刺激が神経を通じて内臓に伝わり、内臓が刺激され下痢になることがあります。 この場合も一応病院に行き検査をしてもらったほうが良いでしょう。

一度くらい、腰痛と下痢が同時に起きても、それほど慌てる必要はありませんが、毎回腰痛がひどくなると、下痢が同時に起きる場合は、何らかの内臓の病気の可能性がありますので、内科の医者や専門科に見てもらいましょう。

健康で長生きの人は腸が強い人です。腸が健康だと免疫力も高く、病気知らずになります。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸を強くする方法はいくらでもあります。下痢だからと言ってあきらめないようにしましょう。腸内環境を強くするサプリメントを利用することで、下痢の改善は早くなり、丈夫な腸になることができます。上手に、賢く利用してみましょう。

下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

私たちが健康な生活を送れるのは食べることで栄養を摂取し、また食べた物が薬となるからです。こうして元気になるためには腸内の活動が正常でなければなりません。
 
腸内環境が乱れると腸内は正常な働きが出来なくなり、様々なものに対処できずに下痢をはじめ病気になってしまいます。
 
なぜなら、腸内では免疫力の活性、消化吸収、ホルモンや酵素の産出、体温調整、毒素排出など様々な基礎的な代謝が行われているからです。体の免疫細胞の60%以上は腸内にあるんですよ。
下痢が起こる原因は大腸がん
おなかを丈夫にすると免疫力が高くなるのも納得ですね。
免疫力の高い人はたとえ有害な物や有害菌が体の中に入ってきたとしてもすぐに排出する、有害菌を増やさないなど、防御反応が高いため、食中毒にかかりにくくなってきます。
 
 
腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。
 
ですから、添加物の多い食べ物は避け、食生活を見直し腸内環境を強化しましょう。下痢が続く、すぐ下痢になる方は腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因