下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因は噛み合わせ?

消化不良が原因となり、下痢が続く原因になることがあります。  下痢の原因を考えよう3

下痢痢が続く原因は歯の噛み合わ?
人は食べることで健康を維持しています。当たり前のことですが、人間は食べないと生きていけません。口から食べ物を入れ、それを噛み砕きし、食道を通って胃腸に運ばれ消化され、便になります。

しかし、しっかり噛み砕かれず、食べ物が固いまま食道を通って胃袋へいくとどうでしょう。

噛み砕けない理由が歯の噛み合わせであるのなら、まずは噛み合わせを歯医者に診てもらうことをお勧めします。たかが歯の噛み合わせ・・・そうではないんです。
下痢が原因でトイレに
長年、腹痛と下痢で悩まされていた男性が、一生この腹痛と下痢と共に生きていかなければならないのだと思っていたそうです。しかし、たまたま歯医者に行く機会があり、噛み合わせの矯正を受けたそうです。

すると瞬く間に今まで体に出ていた不具合(肩こり、倦怠感など)も腹痛と下痢の症状と合わせて無くなったということです。長年続いていた下痢が嘘のように、噛み合わせを矯正してすっかり下痢が治まった経験をされたそうです。

噛み合わせとは上顎に対する下顎の位置、身体全体に対する下顎の位置関係を示しているそうです。歯並びの悪い人は噛み合わせも悪い場合が多いですが、歯並びが良くても噛み合わせが悪い場合があります。

噛み合わせが悪いと頭痛、肩こり、腰痛、目のかすみ、耳鳴り、冷え、手足のしびれ、血圧異常、下痢、便秘、生理不順、姿勢が悪いなどの症状が引き起こされます。噛み合わせと同じく、虫歯があったり、歯がグラグラしたりしている方も要注意です。

歯並びが悪い=矯正と思ってしまいがちですが、誰でも矯正ができるわけではありません。予算もあると思いますし、時間もかかってくるものです。ですが、下痢が続いているようであれば、矯正はしないまでも相談しに歯医者を訪れてみるのも一つの手段かもしれません。

少しでも下痢が改善されるように、手の届く範囲でできることから改善されてみてはいかがでしょう。

おなかは健康の一番の要です。食べたものを消化し、栄養として吸収するのもおなかの役目です。下痢になる、下痢にならない、免疫力が強い、弱いとなるのもおなかが健康であるかどうかにかかってきます。

おなかが健康になるためには腸内に棲む腸内善玉菌が多いか、少ないかで決まってきます。ですから腸内に必要な善玉菌を増やしていくと下痢の改善は早くなります。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。腸内環境を整えるサプリメントアありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因