下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

メネトリエ病

下痢が続く原因がわからないと不安になり、不安が重なりなおいっそう、下痢が加速し,下痢が長年続いてしまう方は少なくありません。

下痢が続く原因はメネトリエ病(胃巨大皺壁症)?
しかし、下痢が続くようであれば、何らかの病気が隠されている場合もありますので一度病院で検査をしてみましょう。



下痢の中でも病的なものにメネトリエ病による下痢が原因の場合があります。
聞きなれない病名ですが、この病気は免疫反応の異常が原因だと考えられているそうですが、ピロリ菌とも関連があると言われているそうです。

胃の粘膜が厚くなってしまい、ひだが太くなってしまう病気で、厚くなった粘膜から血液中のたんぱくが漏れてしまうため、低たんぱく血症になってしまうこともあります。
まれな病気だと言われていますが、30代~60代の男性に多く発症します。



症状としては、無症状のこともあるそうですが、下痢、嘔吐、胃もたれ、上腹部痛、膨満感、吐き気、進行すると食欲低下、疲労感、貧血、むくみ、体重減少などが見られます。 

また胃液に含まれる蛋白量及び胃酸分泌量が増加し、血液においては血清蛋白及び血清鉄の減少と共にヘモグロビン量、赤血球量の減少が見られます。

尚、メネトリエ病は胃巨大皺襞症(いきょだいしゅうへきしょう)とも呼ばれています。

治療法としては、軽症であれば経過観察となります。
ピロリ菌が原因であれば抗生物質を使用します。潰瘍を併発している場合は胃酸分泌抑制薬などの薬を服用し、低たんぱく血症は高たんぱくの食事を数回に分けて摂るようにします。

その他、静脈による栄養補給、輸血、高アミノ酸投与なども実施されたりします。
下痢になったらまず病院へ

しかし、内科的な治療が無効だったり、重度の低たんぱく血症の場合は胃部分切除または胃全摘術が行われたりします。
また厄介なことに、合併症で胃ガン、ポリープなどもあるそうです。メネトリエ病患者の約10%が、数年後に胃ガンを発症すると言われているそうです。

下痢の症状はもしかしたら何かの病気のサインかもしれません。
あまりに下痢が続くような場合は必ず病院で検査を受けて下さい。稀な病気だから大丈夫だろう・・・と思っていても、もしかしたらということがあるかもしれません。

手遅れにならないように自分の体は自分で守りましょう。

以前は「風邪は万病の元」と言われていましたが、最近では「腸のトラブルは万病の元」となっています。

腸内環境を強化して、健康な腸内環境にすることが一番大切です。腸内環境を強化するサプリメントがありますので、上手に利用してみましょう。下痢の改善が早くなります
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

腸内環境を整えよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。
食はいのちです。体に良いものを食べると健康になり、逆に添加物まみれの体に悪いものを食べれば病気になります。

まずは、体に良い食事をし、生活習慣をただし、腸内環境を強化すると、体質は改善され様々な病気回復につながります。

また、下痢で悩んでいる方も下痢の改善は早くなります。食生活に気をつけながら腸内環境を整えるサプリメント等も上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

病気の可能性の最近記事

関連記事