下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因トラウマ!

下痢が続く原因は様々で、自分の不摂生が原因で下痢になる人、あるいは原因がわからなくて、あれやこれやと悩み下痢が続きなかなか治らない人がいます。

下痢が続く原因
下痢や腹痛のトラウマが下痢を悪化させる? 

それでよく電話など次のような相談を受けることがあります。

「朝、玄関で必ずお腹がいたくなって下痢をするから、また朝に玄関に行くと今日も下痢になるんじゃないか。」

「お昼ご飯を食べたらお腹が痛くなって下痢になるから、今日もまたお昼ご飯を食べると下痢になるんじゃないか。」

「人間関係はとても良い会社なのに、決まって職場で下痢になる。トイレに行ってばかりで気になるから会社にも行きにくい。」


絶対なんてないはずなのに、同じ状況になったら下痢になるとばかり思ってしまう。
そしたら本当に下痢になってしまった・・・これがトラウマにより下痢です。
睡眠不足や過労
会社でも大事な会議でのプレゼンで下痢になってしまった(TVコマーシャルにもある状況ですね。)テストの時期に緊張のあまり下痢が続くなど、お腹がいたくなってしまった。など下痢で悩んでいない人にもこういった経験があったりするものです。

医者ですら大事な場面を迎えたときに具合が悪くなる人もいるのです。スポーツ選手でも練習のときは好調なのに試合になると全く振るわなかったという方もいます。
下痢が原因でトイレに
しかし、一般的には窮地を乗り越えて生活しているものと思われます。その場の一時的な下痢で終わってしまうのです。では、トラウマとなって下痢を引きずっている方とそうではない方とでは何が違うのでしょう。

明らかに違うことと言えば、その下痢が一時的なものだと考えているかどうかということだと思われます。また同じ状況になっても「またかー」と思えるか「同じ状況で下痢になってしまたとうことは、次もまた下痢になってしまうのではないか」と深く考えてしまうかどうかです。

ストレスを受けると下痢になるというのはご存知だと思いますが、まさに精神的なものが下痢を左右しているのです。

どんな状況であれ、トラウマを引きずってしまうと過敏性腸症候群になると言われています。そうならない為にも下痢が誰にでも起こりえること、自分だけが抱えている下痢が特殊なものではないということなどポジティブに考えていきましょう。

ストレスを受けた、今日は緊張することがあるなど、予め原因がわかっているようでしたら、おなかの調子を整えるサプリメントなどがりますので、多めに飲むと効果的です。

腸内環境が良好な方は多少大きなストレスを受けても跳ね返してしまいます。健康な腸内には跳ね返すパワーが腸内にあるからです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢が続く方は腸内環境が悪くなっていますので、腸内環境を整えるのに必要なサプリメントを上手に使ってみましょう。下痢の改善は一段と速くなります。

腸内環境を良くする食事法ポイントその①
また、腸内環境を改善するためには、いくら良い善玉菌のサプリメントを取ったとしても、食事にも気をつける必要があります。出来る事なら、加工食品、添加物の多い食品、精製したものなどは避けましょう。

健康な人と変わりなく、穀類、野菜を中心に色々な食品をバランスよく摂りましょう。但し、おなかいっぱいになるまで食べるのは控え、腹七分~八分位が消化に丁度いいのです。
下痢の原因は見慣れない魚に?
そして、腸の運動機能を調節するために、自分で不足していると思うものをしっかり摂りましょう。こうした食べ方を続けていると下痢が治るだけではなく、体全体の体調がよくなります。

腸内環境を良くする食事法ポイントその②食物繊維
下痢になると、消化のよい物を食べがちです。ましてや下痢が続くとなると、消化の悪い物は避ける、つまりせんいの多い食品は避けている方が多いものです。

食物せんいには不溶性食物せんいと水様性食物せんいがあります。下痢を改善するにはどちらも必要なのです。なぜならこの二つの食物せんいは便の成分として欠かせないからです。

食物せんいが充分あると、水分はしっかり吸収され、ほどよい硬さの便になります。更に食物せんいは下痢の改善だけではなく、発ガン性物質などの有害物質を吸着して排出、あるいはコレステロールや糖の吸収を低下させるなど生活習慣病の予防にもなります。 

積極的に野菜を食べましょう。
下痢の原因はアルコールに
腸内環境を良くする食事法ポイントその③冷たいもの、刺激物を避ける
下痢になる方は消化管が極めて敏感な方ですので、冷たい物、香辛料、アルコール、炭酸飲料、コーヒーなどカフェインのおおいものは摂り過ぎないようにしましょう。

冷たい物は胃腸を刺激し腸管の運動機能のバランスを乱すことがあります。冷たい物を一気に飲まない、飲み過ぎないように、夏でも常温で飲むくらいが体にとっていいのです。
下痢の治し方2
また、食生活に気をつけながら腸内環境を整えるのに必要なサプリメントを上手に利用するのも、下痢の改善の近道です。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因