下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は食材切る順番

下痢の原因下痢が続く原因は人それぞれ様々です。どうして下痢になってしまうのか、いろんな原因を一緒に考えてまいりましょう。
%e4%b8%8b%e7%97%a2%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%af%e6%a7%98%e3%80%85%e3%81%a7%e3%81%99
下痢が続く原因は食材を切る順番に!(生ものからの二次感染)

特に夏は、レジャーやイベントなどで、外で調理、飲食する機会が増える季節です。食中毒による下痢の季節でもあり、下痢の原因となるものがいたるところにみられます。

生肉や生魚などの生ものから食中毒になることはご存知のことと思いますが、特に外での調理や飲食は下痢の原因となるものが多く、厳重な注意が必要です。

今の梅雨という季節から夏場にかけては湿気が多く、菌がどんどんと増えていく時期でもあります。
下痢が続いている方や、下痢でお悩みの方は注意されている季節だと思われますが、今一度ご自分の料理方法や食材の保存方法などを見直してみましょう。
Fotolia_73606495_XS
食中毒の細菌はたくさんありますが、発生件数が多いものとしてO-157、カンピロバクターがあります。カンピロバクターは鶏や牛などの家畜の腸にいる細菌です。生肉を切ったまな板からも感染し、下痢の原因になることがあります。

ここで見直してみましょう。自炊をして栄養バランスを考えているから大丈夫と思っていませんか?

しかし、調理過程を考えてみましょう。火を入れると菌は死滅することがほとんどですので、食中毒や下痢になるとすると、具材の切る順番に問題があるのかもしれません。

生肉や生魚をまな板で切った後に生野菜などを切っていませんか?特に野外での調理は洗わずに、たとえ洗ったとしても簡単に使っていませんか? 食中毒や下痢のことを考えるならば、逆がベストなのです。

もし、先に生ものを切ったのであれば、そのあとまな板を熱湯消毒などをすることをお勧めします。生ものの後のまな板を水で流すだけで、生野菜を切ったとしたら・・・こんなに怖いことはありません。水洗いだけでは菌は生き続けますし、まな板の溝には菌が入り込んでいます。これでは食中毒になる道を突き進んでいるようなものです。
下痢の原因菌
O-157に感染した場合は最悪、死に至ることもありますので、安易に考えないようにしましょう。

食材の切り方の順番、本当に少しのことかもしれませんが、これで食中毒にかからず、また下痢にならなくて済むのであればこんなに喜ばしいことはありません。普段何気ない料理の順番を習慣的に間違った方法でしていると、下痢の原因となるように自分で作っているようなものです。でも下痢になったことはないと言われるかもしれませんが、抵抗力が弱った時に、下痢の原因に襲われてしまいます。

腸は体内にありながら常に外部から異物にさらされています。食べ物に混ざってウイルスや細菌など外敵が日歩侵入してくるため、腸は体に悪い影響を与える物の吸収を水際で食い止めてくれる「一次防衛ライン」という重要な役割を持っています。そのおかげで、下痢の原因となるOー157などウイルスや細菌が多少おなかに入ってきたとしても下痢にならなくて済むのです。

腸内環境が良好で会えばこうした正常な機能が果たされるのですが、常に慢性的な下痢をしている人は腸内環境が悪くて、外敵から守ることが難しくなっています。あらゆる外敵(ちょっとした刺激物、冷たいもの、ウイルス、細菌など)が原因で下痢を起こし、それが慢性的な下痢に発展していくことになるのです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
まずは腸内環境を整え、あらゆる外敵から守られるように、校内環境を強化しましょう。腸内環境を強化するのに必要なサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因