下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因は酸性食品

下痢の原因はこれまでに生きてきた生活習慣を見渡すと、勿論ウイルスや細菌感染を除いてですが、必ず下痢になる原因が見つかるものです。

下痢が続く原因は酸性食品や味の濃い食品に!
下痢の原因を考えよう2
下痢が続く原因は千差万別ですが、

これから寒くなってくると、味の濃いものが食べたくなったりする方もいらっしゃるでしょう。また、クリスマスや年末年始で、普段の食事内容よりも豪華になったりもすることでしょう。

下痢が続く方や下痢傾向にある方は、下痢になったときには脱水症状にならないように水分や塩分を摂るように気をつけているのではないでしょうか。しかし、味の濃い食品や酸性食品と言われるものを大量に摂ってしまうと下痢になってしまうのです。

腸で便の通過速度が速くなってしまうことが下痢になってしまう原因です。便が下痢便や軟便ではなく普通便になるには、便が大腸である一定時間とどまってくれなければなりません。
ところが、酸性の食品はもともと早く通過してしまう上に、特定の食品にはとどまる性質がないため、酸性の食品を食べたら下痢になってしまうということになります。
焼肉
酸性の食品とは・・・すっぱいものでph7以下の酸性側のもの
食品の例でいうと、米、肉、魚、チーズ、バターなど

酸性の食品があるということはアルカリ性食品もあるということになります。

アルカリ性食品・・・苦いもの
食品の例でいうと、野菜、果物、コーヒーなど


例をとって考えてみると、食べれる物がなくなってしまいます。こだわりだけで、酸性食品を絶対食べないとするのではなく、アルカリ性食品も酸性食品もほどほどにバランスよく摂っていきましょう。

脳で感じとる美味しいものと、腸が喜ぶものは別物です。これから忘年会や新年会シーズンも迎えます。予め飲み会などがわかっているのであれば、「腸をメンテナンスするサプリメント」などをその日は多めに飲んで、腸をいたわりましょう。

しかし、下痢でお困りの方はくれぐれも無理をしないように、何でもほどほどにしましょう。
食べ過ぎ、飲み過ぎは消化不良になり下痢の原因を作ります。
下痢の原因はアルコールに
腸が敏感な方はこうした飲み会がきっかけで下痢の原因を作ってしまい、そのまま腸内が回復しないまま下痢が続く状態になってしまうことがあります。下痢が続く方は腸内環境が非常に悪くなっています。腸はすべての健康の基礎ですから、腸内環境をしっかり整えておきましょう。

幸い腸は臓器の中でも一番早く回復しやすいところです。 まずは腸内環境をしっかり整える食生活に切り替えるか、腸内環境を良くするサプリメントで下痢が続く原因を解決しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。腸内環境を整えるサプリメントアありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因