下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因は調味料

下痢が続く原因は添加物の入った料理酒、みりん、醤油、塩(調味料)
下痢の原因の多くは、急性な下痢や慢性的な下痢に限らず、日常生活の中に多く見られます

。例えば急な下痢の原因として、食べ合わせや傷んだものを食べる、食材そのものに下痢の原因となる細菌がついていたなど、一見気をつけば避けられるものが多くあります。

しかし慢性的な下痢の原因の場合多くは何が下痢の原因となっているのかわからない場合が多いものです。
下痢の治し方
例えば下痢の原因が何かわからない下痢の原因に食品添加物があります。

食生活も欧米化になってきた上に、飽食と言われてるほど食べるものに困ることはない時代です。しかし、実際私たちが口にしているものは、昔の食事よりも粗悪なものになってきたとも言われています。

それが食品添加物の存在です。食育も叫ばれているにもかかわらず、食品添加物は数知れずあります。

下痢の原因は添加物入りのみりん風調味料
料理酒やみりんや醤油や塩はみなさん、どんなものを使っていらっしゃいますか?料理酒は使わず日本酒を使われている方もいらっしゃるでしょう。

一般に言う料理酒は、酒税法の適用除外のため塩分が加えられ、お酒の販売免許のない店でも販売可能な商品です。

みりんも一度ご覧いただきたいのですが、「みりん風調味料」となっていませんか?この「みりん風調味料」は味醂といわれるアルコール度数が14%に対して1%しかありません。

伝統的な本物の本みりんは、もち米・米こうじ・米焼酎だけで作ります。れっきとした酒類なので酒税がかかります。安価な量産品の本みりんは、輸入米や醸造アルコール、糖類などを使用しています。しかし、これも酒類なので酒税がかかります。
下痢の原因は調味料
本物のみりんの原材料は、焼酎、もち米、米麹(こめこうじ)です。もち米と米麹を、焼酎の中で半年から一年熟成されます。

その間に、麹の働きでもち米のデンプンが糖化され、さまざまな甘みが作られるのです。このとき、アミノ酸や酸味、香りも作られ、みりん独特の風味が生まれます。

一方、偽物のみりんは添加物で味を作り出します。偽物みりんには「発酵調味料」と「みりん風調味料」です。発酵調味料は、米やとうもろこしなどを原料にアルコール発酵させ、ブドウ糖、グルタミン酸ナトリウム、酸味料で味を作ります。

甘みを強くしたものが「みりんタイプ」で、日本酒のように調整したものが「料理酒」です。みりん風調味料はシロップを原料にして、同じくグルタミン酸ナトリウムや酸味料などで味付けをし、カラメル色素で色を付けたものになります

「みりん風調味料」は醸造途中で塩を加えて酒として飲めないようにした商品は、アルコール分を含んでいても酒税がかからないため安価になります。

アルコールを全く含んでいない、水あめなどの糖類・酸味料・調味料などで組み立てた商品もあります。

下痢の原因は安価な料理酒も同様
れっきとした清酒に該当する「料理用清酒」があります。料理用に特化した、エキス分の多い濃淳な清酒です。飲んで旨い淡麗辛口の清酒は料理酒には不向きと言われています。

安価なタイプの清酒に塩を加えた料理酒があります。酒類ではないので「醸造調味料」「発酵調味料」などと表示されています。酒税がかからないためとても安く買えます。

醸造アルコールと糖類・有機酸・アミノ酸などで組み立てたものは「合成清酒」です。
いろんなうんち
清酒に比べて酒税の税率が低いので価格が安いことから、現在も清酒の代用として普及しており、また料理酒としてもよく使われています。

法令や通達により、消費者が合成清酒を清酒と誤認しないような表示が生産者に義務づけられていますが、一部には、「合成清酒」もしくは「ごうせいせいしゅ」という文字を見づらくしたり、清酒と思わせる表現を使用したりすることによって、消費者が清酒と誤認して購入することを狙ったような商品が存在するようです。

下痢の原因は偽物醤油
本物の醤油の原材料は、大豆、小麦、麹(こうじ)です。この麹から作られる酵素が、大豆や小麦のタンパク質をアミノ酸に変え、デンプンを糖分に変換します。このときのアミノ酸糖分がしょうゆのうまみの素です。

また、しょうゆの色もこのアミノ酸から作られています。味、色などすべてがこうじの力だけで作りだされるのです。
下痢の原因を考えよう2
一方、偽物の醤油は添加物により、味や色を作り出します。味はアミノ酸が中心です。アミノ酸は大豆などのタンパク質を塩酸で分解して作ります。

このとき使われる大豆は、油を絞った搾りかすである、脱脂加工大豆が使用されます。これが偽物しょうゆのベースですが、これだけでは味も色もしょうゆらしくありません。そこで、添加物を使用します。

まず、グルタミン酸ナトリウムでうまみを出し、甘味料で甘みをつけます。さらに、酸味を出すために酸味料、そして増粘多糖類を数種類入れて、コクととろみを出します。

そして、カラメル色素で色つけして、日持ちを良くするために保存料を入れて完成です。

塩は自然海塩、精製塩、輸入塩、再生加工塩の4つに分類されます。塩のうまみは、海のミネラル成分がどれだけ含まれているかで決まります。この4つのうち、もっともミネラル成分が豊富なものが自然海塩です。

精製塩は、海水から塩化ナトリウムのみを取り出したものです。輸入塩は、いわゆる岩塩や天日塩です。これらは、一部海塩もあります。

そして現在、自然海塩と同じように、ミネラルたっぷりのイメージで売られている塩が、再生加工塩になります。これは、まず海外から安い岩塩や自然結晶の天日塩を海水の中で溶かし、結晶化します。しかし、岩塩、天日塩ともにネラル成分はほとんど入っていません。

そこで、塩化マグネシウムや塩化カルシウムなどを添加し、ミネラル入りの塩を作ります。こうして、添加物入りの塩が完成されます。
下痢が続く原因
このように、調味料には本物のように作られた偽物がたくさんあります。このような事実を知った上で、値段を考えて偽物を買うことは問題ないと思います。

しかし、塩のように一見ラベルを見ただけでは、本物か偽物かわからないようなものもあるので注意が必要です。

ただ、本物の塩のほとんどに「自然海塩」と書いてあるため、それで見分けてもいいと思います。

下痢の原因をなくせる様、出来るだけ本物を利用しましょう
下痢でお悩みの方や、下痢が長く続く方には私たちも出来る限り食事はご自分で作りましょうと申し上げていますが、せっか自分で作ったとしても、それが添加物だらけのものを使用している可能性も否定できません。

だからと言って、添加物を気にしすぎていると食べるものがなくなってしまいますし、神経質になりすぎて反対に下痢を悪化させてしまう原因にもなりかねません。

できる限りの範囲で余計なものを省いていきましょう。それが下痢の改善へとつながってくると思われます。口にするものはよく裏面の表示をご覧になって、納得した上で購入しましょう。
tyounaiirasuto4
下痢を改善する腸内環境を強化しましょう
腸内環境はおなかが冷えたりすると悪化します。昔からお腹を温める事は健康の第一歩と重要視されてきています。

腹巻グッズが溢れているのもおなかを冷やさないためです。又食事などの偏食により腸内善玉菌の数が減っていることも大きな原因です。

腸内善玉菌を増やすのに必要なサプリメントがありますので上手に使ってみましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因