下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因は気温差

下痢が続く原因は多くの人は未解決のまま、何年も下痢が続き日常生活に支障をきたしている人も少なくありません。

下痢が続く原因は朝晩と昼の気温差

病的な下痢でないと分かっても、何かと不安や心配があるものです。下痢が続く主な要因としてストレスや食べ物などが挙げられます。

下痢が続く人は何事においても非常に敏感な人が多いです、中には季節の変化、温度の変化、気圧の変化などにも非常に敏感に反応して下痢が続くこともあります。

秋らしい季節となりました。朝晩は冷え込み、昼は夏を感じさせるような日差しで気温差がかなりあります。1日に5℃近くの気温差があります。

台風や雨の日が下痢の原因になることがあります。気圧の変化で下痢になる方もいらっしゃるのです。また、冷えから下痢になることは多くの方がご存知のことだと思います。

そして今の季節、朝晩と昼の気温差が下痢の原因になることもあるのです。

朝晩は冷え込んで、冷えから下痢とも考えられるかもしれません。冷えからくる下痢はお腹を中心に冷えないようにあったかくしてみましょう

気温差から何故下痢をするのか・・・・人間にとって、気圧の変化がストレスであるように、実は気温の変化もストレスがかかっているのです。

気温の変化は筋肉に負担をかけ、筋肉を硬直させてしまいます。硬直した筋肉は血管を圧迫してしまい、その結果、血液の流れが悪くなり、胃腸の血流も悪くなり、下痢になるという結果になってしまうのです。

肩こりから下痢になるということも、血流が悪いからということと同じですね。

人間はストレスだと思っていないものでも、実は体にはストレスがかかっているということが多いにあります。

ですので、色んな原因を探っても下痢になるなんて考えられないとは言えないのです。

この時期、とても季節がら旅行に行ったりするには絶好だと言われる半面、体に不調を訴える人が少なくありません。

下痢を初めとする体調不良の場合は、旅行など無理をせず、体がストレスを抱えていると思っていたわってあげて下さい。この時期を乗り切って下痢が治ったとするならば、季節が原因ということになります。来年も要注意してこの時期を過ごしましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

「風邪は万病の元」と昔から言われています。よく風邪をひく人は胃腸も弱いのです。 免疫力は腸が約70~80%も担っていますので、胃腸を丈夫にすることはとても大切です。

胃腸を丈夫にするのに必要なサプリメントもありますので、上手に利用しましょう。

胃腸が丈夫になれば下痢が続く症状はいつの間にか、改善されていきます。
下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因