下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続くのは情報過多?

下痢が続く原因は色々とありますが、何が原因で下痢になったり、下痢が続くのでしょうか?
下痢の原因を考えよう3
下痢が続く原因はテレビ、ネットの情報量に?
その解決方法を一緒に考えてまいりましょう。その一つの原因に情報が挙げられます。
特にテレビ、ネットから流れる下痢に関する原因、下痢が続く症状は○○という病気かも…などの情報もゆたかにあります。自分の下痢は実は深刻な病気が原因ではないか、病気とすればどんなものが考えられるかなど、現代においてはテレビを初めとするメディアが色んなことを伝えてくれます。

また、ひと昔前では考えられなかったインターネットの普及によって、自分が調べたいこと以上の情報を得ることができるようになりました。下痢の原因も、下痢が続く原因も様々な報量が詳しく記載されています。
下痢が原因でトイレに
確かに自分の下痢が続く、ストレスが原因ですぐに下痢をするなどの症状と当てはまることがあって、長い間悩んでいるとするならば、その症状に挙げられる病気を疑うことも大事なことになってきます。しかし、ほんのちょっと似た症状があるからと言って必ずしも自分がその病気である!と断定してしまうことは避けていただきたいと思います。

下痢が続くからといって、必ずしも自分が「癌」である、「過敏性腸症候群」であるわけではありませんし、病院を受診されて異常がないと言われるようであれば、深刻に考える必要はないと思われれます。

現代社会においては、メディアやネットを初めとする情報過多の時代になってきました。情報過多になると脳疲労が起こると言われています。脳疲労とは大脳新皮質と大脳旧皮質の関係性が破綻し、脳が正常な機能を果たせなくなる状態を言うそうです。
睡眠不足や過労
インターネット依存症という言葉がありますが、まさにこれが情報過多による脳疲労のが原因の典型的なものです。
負の連鎖で、脳疲労になってしまうと、朝と夜の区別もなく不規則な生活になり自律神経が乱れてしまい、下痢の原因になってくるのです。

インターネット依存症の方の一番の落とし穴は、自分が依存症であるということに気づかない点です。インターネット依存症でなくても、テレビを初めとするメディアばかり見ていることも傾向としては同じです。

情報だけの頭でっかちになるのではなく、下痢が続くなら、まずは病院を受診されて、問題がなければ、食生活や規則正しい生活をすることを心掛けてみましょう。

情報が一旦心の中に入ってしまうと、病気でもなかった症状が出たり、下痢にならなかったのに下痢になったり、あるいは下痢が続き治らないなど、過度の不安から下痢が生じることがあります。 
下痢を改善する腸内細菌
まずは下痢の原因を事細かに心配し過ぎるのではなく、腸内環境をしっかりと、丈夫にしてみましょう。 腸内は賢くデリケートにできていますので、心配は即腸内に繁栄し、下痢の原因を作ってしまいます。腸内環境を整えるのに必要なサプリメントもありますので上手に利用してみましょう。そうするなら見る見るうちに下痢の改善がみられるかもしれません。まずは試してみましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えて腸内年齢を若返らせる
慢性的な下痢を改善するためには何といっても腸内環境を整えることから始めなければなりません。腸内年齢を若返らせる為に必要なのは善玉菌優性の腸内環境を整えることと、ある程度お腹に負荷を与えるために適度な運動が必要です。

特に年齢を重ねることによる善玉菌の減少は避けられないため、積極的に摂り入れる必要があります。
善玉菌のサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善は早くなり、腸内年齢も若返ります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因