下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因は塩分の摂りすぎ?

下痢の原因は様々です。
%e4%b8%8b%e7%97%a2%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%af%e6%a7%98%e3%80%85%e3%81%a7%e3%81%99
下痢が続く原因は塩の摂り過ぎ?

健康な時には下痢など絶対にならないと思っていることが、体が弱ったり、疲れていると、ちょっとしたことでも下痢の原因になり、それが引き金で下痢が続き、かなかな下痢が改善されないことが多々あるものです。

下痢が続いている時は、脱水症状にならないように水分を摂った方がいいとされています。水分すら摂るとまた下痢になるからと言って摂らないでいると、本当に脱水症状になってしまうことがあります。

体のバランスを取るために、水分だけでなく、塩分も少し摂った方がいいとも言われています。下痢で悩んでいない方でも、今からの暑い季節は脱水症状を心配したりします。ここ数年、「塩あめ」というのが出てきていますよね。文字通り、塩を練り込んだ飴なのですが、食べ過ぎたりしていませんか?
下例の原因は白砂糖の摂り過ぎに
あめ=甘い=砂糖が当然入っているといますので、砂糖をとりすぎて下痢とも考えられます。

しかし、塩について考えたことはありますか?塩は人間が生きていく上で必要不可欠なものなのは言うまでもありません。実は塩を摂りすぎても、控えすぎても下痢の原因になるのです。

人間の体は塩分濃度が体の全水分の0.9%位の数値に保つそうです。塩分を摂りすぎると喉が渇いて、水分がほしくなります。汗や尿から不必要な塩分を出そうとしているのですが、実は一番早い方法は便として余計な塩分を排出すること、つまり下痢になって排出しようとするのです。

体の悲鳴、防御反応を起こして、下痢になるわけですね。

夏場は特に下痢をしやすいかもしれないと思われる方、塩の摂り方や塩あめを見直してみましょう。食事でも塩分が多いものばかり摂っているかもしれませんし、案外塩あめをたくさん食べているかもしれません。塩分は摂りすぎると、高血圧、腎臓障害、心臓病などのリスクも高まります。

生きていく上では摂らなければならないものでも、摂り過ぎには注意し、だからと言って極端に控えすぎるのも注意しましょう
下痢の原因は栄養失調
塩分が不足すると
塩が不足すると、新陳代謝が衰えて皮膚の再生が遅くなりますので、肌荒れにも関係があるといえます。減塩やりすぎると朝起きられなくなり、塩分不足が続くと食欲が無くなり、結果、栄養不足となってしまうのです。

最近は様々な減塩商品が販売されています。健康のためには減塩! 血圧を下げるためには減塩! 塩は少なければ少ない方がいい!!・・・・
というような風潮が広まっているようです。今健康な人でも、病気の予防のために減塩に取り組んでいる人もいるかもしれません。

塩分の摂取は多すぎても、逆に少なすぎても下痢の原因をはじめ、様々な病気の原因になりますので、注意しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を強化しよう!
下痢の原因は何といっても腸内環境の悪化にあります。腸内環境の悪化は様々な原因がありますが、結果として腸内善玉菌が少なくなり、そのため腸内をしっかりメンテナンスすることが難しくなり腸内環境が悪化してしまいます。

腸内環境が悪化すると。腸内で正常な働きができなくなり、下痢をはじめ様々な病気になります。まずは腸内環境をできるだけ整えましょう。腸内環境を整えるのに必要なサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因