下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因は冬バテ

下痢の原因は計り知れない程たくさんあります

下痢が続く原因は冬バテに?! 
しかも年々下痢の原因がわからず、下痢が長く続く方が増えてきています。
下痢が続く原因は腸内環境に
というのも現代はストレス社会ともいわれ、ストレスによる下痢が続く方、あるいは子供の頃から下痢が続いている方など、生活環境、食環境が昔に比べて社会が発達すればするほど下痢の原因が増加しているからです。

その一つの例として季節の変化が原因の下痢について考えてみましょう。

下痢が続く原因は気温変化による冬バテ
実は、「夏バテ」は良く聞くと思いますが「冬バテ」という言葉があるのをご存知ですか?

夏バテはどちらかと言うと、体力のない人や胃腸の弱い人がなってしまうそうなのですが、冬バテは元気な人でもなる可能性が高いそうなのです。

冬場は夏場に比べ日が短いので、普段元気な人も気分としては沈みがちになるのかもしれません。

冬バテの症状
症状としては、夏バテも冬バテも同じような症状で、倦怠感、頭痛、肩こり、冷え症、下痢、便秘、胃腸の調子が悪いなどです。
下痢の原因は栄養失調下痢 軟便
下痢の原因は温度差による自律神経の乱れ
また、冬バテの原因は、夏とは反対に寒くなって体の血のめぐりが悪くなることや外気と室内の温度差についていけないことによる自律神経の乱れだと言われています。


また、本来冬場は春に備えて元気に動けるようにエネルギーを蓄えておく季節でもあるのですが、現代社会ではストレスなども加わって、体も心も休みにくくなっている状態で、バランスが崩れやすくなっていることが下痢の原因とも言われています。

自律神経が乱れることは、下痢が続く原因となります。

下痢が続く時には水分補給をしっかりと
また、冬場は夏場に比べて汗をかかないために水分を摂る機会も減ってきます。そうすると体内の老廃物が溜まってしまったり、体内の水分のバランスが乱れて、新陳代謝が上手くいかなくなり、体調不良を起こすと言われています。

体調不良はインフルエンザにかかりやすくなり、下痢や嘔吐などの症状が出やすくなります。
下痢の原因は冷え2
冬場でも水分は必要です。私たちは、カラダに入る水分の約半分(一日1,200ml)を飲み物から摂取しています。

暑い季節に汗をかくと自然に飲み物を求めますが、冬は汗をかきにくいため、発汗時に飲み物から水分を摂る機会が少なくなります。

さらに寒くなって「カラダを冷やしたくない」という理由から、飲み水の摂取を控えることもあります。

冬でも脱水症状ということもあり得るのです。知らない間に水分が失われるのが、冬のジンワリ乾燥からの脱水が原因です。

夏は発汗することで非常に脱水症状の危険性を認知しやすいのですが、冬が発汗があまりないので脱水に対する警戒感が下がっています。冬場でも意識して水分を摂ることを心掛けましょう。

下痢の方は水分を摂ることも怖いといわれる方がいらっしゃいますが、下痢自体が脱水症状にならないか気をつけなければならないことです。水分は常温以上温度のものを口に入れるようにし、お腹を冷えないようにされることをお勧めします。
下痢の原因はアルコールに
下痢の原因は年末年始の生活の乱れ
また、年末年始は忘年会やクリスマスにお正月とイベントが目白押しで、胃腸も休みなく酷使してしまう日々となる方が多い時期です。本来は冬場は春から活動ができるように、エネルギーを貯めておく時期にあたります。

動物で言うと、冬眠にあたるものですね。その時期に胃腸をフル活動させてしまうと、人間が持ち合わせている元々の機能がおかしくなって、下痢を初めとする不調が起こってもおかしくありません。

下痢の原因は冬場の運動不足による血行障害
加えて、冬場はインフルエンザやノロウイルスが爆発的に多くなる時期でもあります。冬場は寒いので、なかなか体を動かそうという気になれないのですが、運動不足になると血行が悪くなり、それが原因で体がむくんだり、手足が冷えたりしてしまいます。
Fotolia_72962771_XS
冷えを招くともちろん下痢になりやすくなりますし、免疫力も下がってしまいますので、インフルエンザやノロウイルスにもかかりやすく、発熱、下痢や嘔吐の症状が出やすくなりますので、要注意です。

免疫は腸で作られると言われていますので、腸内環境を良くし、免疫力を高め、合わせて下痢も治していきましょう。

下痢が続く方は普段通りの生活を心掛けましょう
冬バテを治すには・・・夏バテと同様、外気と室内の温度差を高くせず(だからと言って室内が寒くない程度)、夜しっかり睡眠をとり、規則正しい生活を送ることが一番です。

これから年末年始を迎えるに当たって、どうしても普段の生活が乱れてしまいがちだと思われます。下痢でお悩みの方は特に、冬バテにならないよう、年末年始も極力普段通りの生活をしてみましょう。

そして、春になって活動的に動けるように下痢も改善していきましょう。

下痢の原因は季節の変わり目
冬バテと同様「春バテ」「秋バテ」もあります。春バテはどちらかというと、環境の変化で下痢などの不調を訴える人が多いと言われています。また、新社会人や新入生などは「新5月病」とか「6月病」と呼ばれるものもあり、

一年を通して下痢の原因はたくさんあります。お天気が雨になっただけでも下痢になる方もいらっしゃるくらいです。

気圧の変化で自律神経が乱れて下痢につながります。ですので、季節の変わり目に下痢なる方がたくさん居てもおかしくないのです。

一定の季節になると発症する病気を「季節病」と言い、日々の気象の変化によって発症したり、症状が悪化したりする病気を「気象病」と言います。 別名「お天気病」とも言います。

いずれにしても自律神経の乱れからやって来るものである為、規則正しい生活と食生活をきちんとすることが一番だと思われます。

本当下痢を改善する腸内細菌に下痢の原因を上げればきりがありませんが、一番重要なのはおなかを丈夫にすることです。腸内の環境が正常であれば、おなかが様々な境遇に接しても大抵のことは対処できるからです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の原因がわからない方、下痢が長く続く方は腸内環境をまずは改善してみましょう。下痢の改善は早いものです。腸内環境を整えるのに必要なサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢が続く(慢性的な下痢)」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因