下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因はコレステロール不足かも?

下痢の原因はいろいろありますが、その一つ、コレステロールと下痢が続く原因とはなんの関係もないように思えますが、実は意外にコレステロール不足によって下痢が続く原因となることがあるのです。
下痢の原因を考えよう3
下痢が続く原因はコレステロール不足?

コレステロールと聞くと一見、
コレステロールと聞くと大体の方が「良くないもの」という風に考えているものではないでしょうか。コレステロールは総コレステロールと善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)とに分けられています。

過食や運動不足、肥満などによって、余分なLDLコレステロールが血液中にあふれてしまいますと、LDLコレステロールの性質が変化し、血管の壁に少しずつ浸み込んでたまるようになります。
下痢の原因は胃腸の機能低下
血管の壁にたまったコレステロールは、そこで炎症を引き起こします。この炎症が長引くと、血管の壁が内腔に向かって厚くなっていき、血管全体が硬くなります。

これが「動脈硬化」といわれる状態です。

動脈硬化が進行してしまうと狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などを発症してしまいます。また、女性は閉経後にLDLコレステロール値が上がると言われています。
それは、女性ホルモンのバランスが乱れて、LDLコレステロールの代謝が悪くなってしまうからだそうです。HDLコレステロールは体の余分なコレステロールを掃除してくれる働きがあります。

LDLコレステロール値が高くて、HDLコレステロール値が低いと体にとっては悪い状況にあります。食物繊維を摂ることでHDLコレステロールの改善が見込まれると言われています。

このような話を聞くと、コレステロールは少ない方が良いのではないかと思ってしまう方の方が多いのではないかと思われます。しかし、コレステロールは生体機能を整えるためのホルモンの材料で、副腎皮質ホルモン、男性ホルモンや女性ホルモンなどの重要な構成成分なのです。また、食物の消化吸収に必要な胆汁の主成分である、胆汁酸の材料としても利用されています。

私達はコレステロールを食事で摂り入れている思っていますが、実はコレステロールの2/3は体内の肝臓や様々の臓器で作られるのだそうです。毎日一定量が合成され、それで足りない分が食事から摂り入れられ、小腸から吸収されます。

人間にとって、コレステロールは必要不可欠なもので、コレステロールが不足してしまうと免疫力の低下を招き、病気の抵抗力が弱くなったり、神経の伝達に障害が生じたり、消化不良を起こして下痢をしてしまうなどの体調不良の原因となってしまうのです。
下痢の原因はアルコールに
暴飲暴食、ストレスなどでコレステロール値が上がってしまうこともあります。しかし、下痢が続く方でコレステロール値も気にされてる方。ほどほどにされてみてはいかがでしょうか。それで下痢が止まったとなったら、コレステロール値を気にしすぎていたことになります。何でもほどほどが一番です。食べ過ぎず、気にし過ぎず、体が一番正直に反応してくれると思います。

コレステロールは体内で作られますが、コレステロールが作られる場所は主として肝臓で、小腸、副腎皮質、性腺などでも作られています。こうした体内の化学変化は酵素が必要となります。酵素は一つの変化で一つの酵素が必要です。

体には約5000種類の酵素が必要ですが、体内で約3000種類ほど作られています。体内で酵素が作られる時には腸内善玉菌の活躍がなくては作れません。腸内のあらゆる作用は腸内善玉菌の活躍が大きくかかわっています。 
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
ですから、下痢の原因の根本解決には腸を如何に健康に保つかに大きくかかわってきます。薬は下痢原因の根本解決にはなりません。当面の症状を抑えるだけです。本当に下痢が続く原因を解決するには何としても腸内環境を良好にすることが一番良い方法です。腸内環境を良好にするもっともよい方法は腸内善玉菌をどんどん増やしてやることです。腸内善玉菌を増やすのに必要なサプリメントなどがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因