下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因はオルトレキシア

下痢の原因下痢が続く原因は様々です。

下痢が続く原因はオルトレキシア
良かれと思って続けたら下痢が続き原因不明の下痢になってしまったという事もあります。

近年は情報が発達して、健康に関する様々な情報が溢れています。健康に良いと聞くと誰でもあれやこれやと試したくなり、確かな根拠がないものまで、健康にいいよと言えば多くの人が飲んだり食べたりしています。

結果、自分の身体に合わなくて、下痢の原因となる体を作ってしまうこともあります。
一旦下痢を誘発するような身体になってしまうと、ちょっとしたことでも下痢の原因になり、下痢がなかなか治らないなど困った現象を引き起こしています。

例えば、「オルトレキシア」という言葉を聞いたことがありますか?簡単に言うと健康的な食生活への関心が高まって、不健康な結果を招くこと

一部の医師や登録栄養士たちは、純粋な、あるいは「クリーンな」 食品を食べたいという願望が強迫観念になってしまい、不健康な状態になってしまう人々が増えていると言っています。

加工していない食品だけを食べる完全菜食主義者や、主要食料源からグルテン、乳製品、 糖質といった複数の要素を除外してしまう人のことだそうです。
サプリを上手に利用し下痢を改善しましょう
下痢が続く方には「添加物や刺激物は避けて、体を温めるものを食べた方がいいですよ。」と私たちも申し上げています。
でも、出来る範囲で構わないので、出来るところから・・・とお話しています。

そうなんです。あまりにこだわり過ぎると、食べるものがなくなってしまいます。食べるものが無くなってくると、栄養失調になってしまうことも否定できません。栄養が足りなくなっても、下痢になってしまいます。

また、食事に極端なこだわりを持ってしまうと、家族や友達とも食事を共にすることができなくなってしまい、人間関係も破たんしかねません。

ある意味「オルトレキシア」は「これは食べられない。」から「これを食べると不健康になる」と変化していき最終的には強迫性障害のようになってしまいます。

こうなってくると、下痢の原因だけでなく、精神的に病気ということになってきてしまいます。

健康になるつもりが、栄養が足りない状態になって下痢となるだけでなく、精神疾患の状態に陥ってしまうこともあるのです。何でもほどほどということをくれぐれも忘れないで下さい。
下痢を改善する腸内環境
健康の基本は腸から始まります。腸内では食べた物を消化吸収する働きがあります。
また腸内では免疫力の活性、消化吸収、ホルモンや酵素の産出、体温調整、毒素排出など様々な基礎的な代謝が行われています。栄養を吸収し全身の健康を司る司令塔の様なものです。

また、幸せになるホルモンも、ストレスを回避する術も、病気にならないように守ってくれるのもすべて腸から始まります。そして、その腸内の環境を整えてくれるのが腸内善玉菌です。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
この腸内の善玉菌が多ければ多いほど健康的な身体になります。 下痢が続く方、下痢で長年苦しんでいる方、下痢の原因がわからない方、下痢で病院へ行っても一向に治らない方、ぜひ腸内環境を整えるサプリメントを試してみて下さい

下痢の原因が腸内環境にあったという事がお分かりになるはずです。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因