下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因に無意識な口呼吸

下痢の原因は様々ですが、外的要因と内的要因、つまり生活習慣からくる下痢の原因もあります。

下痢が続く原因に無意識な口呼吸
下痢の原因を考えよう3
生活習慣と言っても食習慣ではなく、一つの癖のようなもの、つまりなにげなく自分が意識せずに行っている行動が下痢の原因となる事があるのです。

例えば、人間は本来鼻呼吸をするようにできてます。ところが、最近、口をポカンと開けたままだとか、知らずしらずの内に口が開いているという方が増えてきていると言われています。口で呼吸をすると、口の中が乾燥したり、口臭の原因になったり、ウイルスも侵入しやすくなったりなど良いことがありません。

また、口呼吸は顔や首のゆがみ、口周りの筋肉が弱くなる、肌荒れ、ニキビなどの原因にもなると言われています。口呼吸から鼻呼吸に変えることで、そういった原因を減らすだけでなく、姿勢もよくなるそうです。猫背や肩こりなどが下痢の原因になることを考えれば、姿勢が良くなれば当然、血流も良くなり、下痢も改善される期待が持てます。
grinogenninn1
口呼吸は、睡眠中はなかなか自分で気づくことが難しいことかもしれません。起きてすぐに口の中が渇いていたり、喉が痛かったりする方は間違いなく、口呼吸になっていると思われます。

就寝中の口呼吸はなかなか治すには難しいかもしれませんが、起きているときは意識して鼻呼吸を心掛けてみましょう。

鼻呼吸にするには

舌を上の歯の裏につける!!


これだけで、鼻呼吸に変わるのだそうです。
睡眠不足や過労
現代ではパソコンにスマホ、ゲーム、テレビなど口をポカンと開けてしてしまう道具が溢れてしまっているのも問題なのかもしれません。下痢が続く方で、パソコンやゲーム、テレビなどに長時間ハマっているようでしたら、少しずつ時間を短くしていき、意識して鼻呼吸をしてみましょう。

それで下痢が改善されたとするならば、嬉しいことですし、加えて他の症状も改善されるかもしれないですよ。

誰でも健康で病気知らずの人生を全うしたいものです。そのためには健康の一番の要である腸内環境をしっかり整えておく必要があります。

腸は食べたものを栄養にエネルギーに変え、不必要なものを排出するところですので、この基礎的なサイクルが順調に行わなければならないからです
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。腸内環境を整えるサプリメントアありますので、上手に利用しましょう。


PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因