下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢が続く・腹筋を鍛えよう

長期間下痢が続くなどの悩みを持つお腹が弱い人が、最近増えてます!「あ~あ!また下痢だ!どうしてこんなに下痢が続くのだろうか?」
下痢が原因でトイレに
病院にいっても原因不明、ストレスからでしょうとお茶を濁される。薬を飲んでも、ツボを押してもなかなか改善しないなどなど….、長期間下痢が続く方は次第に気分も落ち込んでしまいます。
下痢の原因を考えよう2下痢 軟便
下痢が続く方の運動方法
 こうした下痢が続くと、運動をすることがおっくうになってしまいます。

運動すると続く下痢がひどくなるのでは、と考え運動避ける、その結果下痢になる、下痢が続くなど解決策が見つからないと考え、悩みは深刻化しいく方も見受けられます。

 しかし、運動不足から腹筋が弱って、腸の働きが弱まり、下痢が続く人もいるのです。腸を動かすためにはある程度の腹筋の力が必要になります。

運動指導の専門家のあいだでは、便秘解消に腹筋運動がよいことは常識となっていますが、日頃から胃腸の働きが悪く、下痢が続いている人も、しばらく腹筋運動を続けてもらうと、かなりの高確率で改善が見られます。

その理由として、腹筋群と腹斜筋の運動は、その下の胃腸にとって適度なマッサージ効果となり、その働きを調整するためと考えられます。

おなかの周りを保護している膜や内臓筋には、必ずリンパ管が有ります。腹筋を鍛えることで、このリンパ管の流れがよくなり、おなかの働きもよくなるのです。
下痢の原因は冷え2

腹筋運動として、誰もがたやすく行えるのはおへそのぞき運動です。おへそのぞきの腹筋運動を行う場合は、ひざを90度くらいに曲げた姿勢で仰向けになること、おへそをのぞきこむときには、背中を丸くするようにすると腰を痛める心配がありません。

 運動不足になると、筋肉が委縮して力が出なくなるほか、骨がもろくなって折れやすくなります。同時に心臓も弱くなって動悸や息切れしやすく活力も湧いてきません。こういったことが更に便通異常、つまり下痢が続く状態が促進されるのです。

適度な運動は、下痢が改善されるばかりでなく、代謝がよくなるので、全身の体調もよくなっていきます。日常的な習慣として運動をしましょう。

適度な運動で腹筋を鍛えると同時に腸内環境も強化しましょう。腸内環境を強化し、整えるサプリメントを利用することは下痢改善の最も早い方法です。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境が良好であれば下痢の改善早い
健康の要は何といっても胃腸が丈夫であることです。「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。

腸内では様々な活動が行われています。特に腸内は食べた物を消化・吸収・排出という基本的な事が『行われているところです。また、免疫細胞は60%以上も腸内にあります。

私たちは食べて健康になります。しかしいつも、体に有益な物ばかり食べているわけではありません。有害なものも食べています。

食品添加物や有害菌など食べても健康は保たれています。腸内で処理してくれるからです。

しかし、腸内環境の乱れが続くと、腸の処理機能は限界を超え、正常な働きが出来なくなり、様々なものに対処できずに下痢や便秘をはじめ、癌や糖尿などいろんな病気になってしまいます。
下痢が起こる原因は大腸がん
腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。

ですから、添加物の多い食べ物は避け、食生活を見直し、腸内環境を強化しましょう。

また、毎日の便の臭いやおならの臭いに注意しましょう。腸内環境が悪くなると、便の臭いおならの臭いが臭くなります。腸内環境を良好にするサプリメントがありますので上手に利用してみましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢が続く(慢性的な下痢)の最近記事

関連記事