下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続くのは善玉菌減少

下痢が続く原因は、感染症、病気のシグナル、食習慣、生活習慣、体質など様々ですが、その原因の一つに腸内環境が悪いと下痢の原因になるという事を、多くの方は理解されていると思います。

下痢が続く原因は善玉菌の減少に!


腸内環境の良し悪しは腸内細菌の善玉菌が握っています。腸内細菌は非常にデリケートで、食べ物や心の状態と関係しています。
防腐剤の多く入った食事や添加物の多く入ったものを食べ続けると腸内環境は悪化の一途をたどり下痢が続く原因になります。

また、私たちが有害なストレスを受けたり、過度な緊張や不安を感じると腸内細菌のバランスが崩れたり、腸内善玉菌の数が減ることで食欲不振や下痢が続く原因になります。

また幸せ物質であるセロトニンやドーパミンの分泌が減り、うつ状態の原因にもなりやすくなります。

うつになると物事が前向きに考えられなくなり悪い方へ悪い方へとつい考えてしまいがちになります。だから考えすぎて下痢になる、下痢が続くからうつがひどくなるなど悪循環になることがありますので、“下痢は病気ではない、体からの“シグナル”なのだと思いましょう。

下痢が続く症状があるときはチャンスだと思って下さい。ピンチはチャンスと思考を変えてみましょう。どういった環境の時に下痢が続くのか、または下痢になる原因は何か、自分をよく観察してみましょう。

また、下痢が続く場合はご自分で判断するのではなく、一度病院で受診しましょう。

病院で感染症などの異常がなければひと安心です。
便は一日3回くらいは普通です。3日くらいでなくても日常生活に差し障りがなければ普通です。

便の回数はその日、食べたもの、その日の気象、その日の雰囲気で左右されます。排便の時間もいつも同じとは限りません。下痢の回数、下痢の状態(軟便化、水溶性)はまたその日によって異なってくるでしょう。

下痢の原因は様々ですから 病院の検査で異常がなければ、気にしないようにしましょう。腸内環境を改善し腸内善玉菌を増やすのに必要なサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

サプリメントなどを利用していくと下痢の原因はいつの間にか改善されていきます。下痢の状態が続いた年月ほど完全に改善するには同じくらい時間がかかります。気長に改善していきましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。腸内環境を整えるサプリメントアありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因