下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢から判断される病気

下痢から判断される病気の可能性
%e4%b8%8b%e7%97%a2%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%af%e6%a7%98%e3%80%85%e3%81%a7%e3%81%99
1.下痢が続く原因は病気の可能性
自分自身の腸の様子がなんだかおかしいと気づいている人は非常に多いのですが、いつもの事だからと半ばあきらめかけている人も少なくありません。

便は体の異常を知らせる最も分かりやすいサインです。毎日の便を観察することで、健康状態をチェックできます。しかも腸は第二の“脳”と言われるほど心とも直結しています。
下痢カラフルうんち 1
下痢が病気のものか、一過性によるものか、判断する目安として、下痢の回数、下痢の状態(血液、粘膜)、痛み、発熱、嘔吐、食べた物をまず考えてみましょう。腸を健康で快調に保つ方法を知る事は病魔を遠ざける一番の近道です。

下痢から判断される主な病気として次のような病気が挙げられます。

慢性的な下痢の場合

腹痛がある過敏性腸症候群 大腸憩室炎 クローン病 潰瘍性大腸炎 ウィップル病

腹痛がない大腸がん 性病 糖尿病 セリアック病 メネトリエ病 甲状腺機能亢進症 


 急性な下痢の場合

発熱がない場合:アレルギー性の下痢  

発熱がある場合:感染性腸炎食中毒 感染性胃腸炎 

上の病気は、簡単な症状での病気の可能性を示唆しているにすぎません。下痢や腹痛を伴う病気は複雑で診断も難しく、重い病気の可能性もありますので自己判断せずに必ず専門医を受信して適切な治療を受けてください。
下痢になったらまず病院へ
近年は非常に腸のトラブルが増えています。。 下痢が続く、下痢が止まらない、下痢の回数が多いなど下痢に悩まされる人が年々増加しています。

特に若い人が増えているのです。下痢の原因は食生活が多いに関係しているようです。というのも若い人は産まれた時から、コンビニ、ファーストフード、インスタントラーメンなどに囲まれて育っています。
下痢の原因は菌やウィルス
これらは食品添加物のオンパレードといっても過言ではない程添加物だらけで、極端にいえば添加物の味しかしません。しかも、お美味しくできているので、困ったものです。

殆どの食品添加物は身体に有害なものばかりです直接下痢の原因にもなります。

  このような食品を食べ続けていると、腸内環境は非常に悪くなります。腸内善玉菌増えず、悪玉菌の多い腸内環境となり、腸内は炎症を起こし、下痢をはじめ本格的な腸の病気へと移行してしまいます。

更に食事が乱れると、栄養のバランスも失い、体の調子は益々悪くなる一方です。

ご自分の食生活がよくないと感じたなら、一刻も早く改めるか、改めながら腸内環境を強化するサプリメントと上手に利用するのは賢い方法です。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。腸内環境を整えるサプリメントアありますので、上手に利用しましょう。


PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因