下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

トイレが間にあわない・・肛門括約筋の緩み

下痢の原因は様々ですが、殆どの人は排便をコントロールできるのは当たり前だと思っています。

トイレが間にあわない・・肛門括約筋の緩み
突然激しい下痢でない限り、普通の下痢や軟便くらいで、トイレに行くのが間に合わなかったり、切迫した便意に大慌てすることはありません。
下痢の原因は様々です

しかし、実は尿失禁と同じで、下痢で粗相をしてしまうような便失禁が起ることがあります。便失禁も加齢とともに起こる頻度は高くなっていきます。

実は、便失禁については悩んでいる方の多さに反し、まだまだ知られていることが少ないのが現状です。

便失禁はガスが漏れるものから、便汁や粘液が漏れて知らない間に下着が汚れる程度から、軟便や固形便まで漏れてしまうものまでさまざまあります。

こうした状態になってしまう原因は腸や肛門を環状に取り囲む筋肉(肛門括約筋)がうまく機能せず、排便をコントロールできなくなってしまう事があるのです。
下痢 軟便
その場合、腸の内容物が肛門から出てしまい、ばつの悪い思いをすることがあるのです。咳やくしゃみで漏れる、下痢で漏れる、いつの間にか漏れている、間に合わないなど便失禁は様々な症状があります。

便失禁はあらゆる年代の人に見られ、その症状に悩む人は20人に1人にのぼるかもしれないと考えられています。

●若年者:
生まれつき肛門括約筋に異常がある場合や、慢性の便秘のため、いきみすぎにより、肛門括約筋が損傷された場合があります。

●経産婦:
普通は出産時の括約筋の断裂により起ります。断裂は分かる場合と分からない場合があります。

●肛門括約筋の損傷や感染症を経験した人:
すぐに便失禁がある場合と、何年も経ってから始まる場合があります。
下痢が続く原因
●炎症性腸疾患や過敏性腸症候群の人:
腸が過敏になっいて、強く収縮するために便失禁が起ります。

●高齢者:
神経機能の低下により便秘気味になり、便が漏れてしまう場合や、若い時に受けた肛門括約筋の損傷の影響が今になって出てきた場合があります。

●多発性硬化症、脳卒中、てんかんなどの疾患がある人:
こうした疾患がある人は肛門括約筋を支配する神経を損傷することがあります。
食べ物による下痢
予防や改善として

●排便習慣を把握する 

●トイレに行きたいときに我慢しない

●規則的な生活を心がける 

●適度な運動をこころがける  

●骨盤底筋群を鍛える体操をする 

●食事のバランスをしっかりする(栄養補助食品を上手に摂る) 

●食物せんいを摂る 

●腸内環境を整えるサプリメントを上手に摂る(腸内善玉菌を増やすもの)

便失禁のある人は改善されるまで、トイレを優先的に使わせてもらえるように頼むカードを作って携帯すると、いざという時に便利です。実際、英国の過敏性腸症候群ネットワークの会員証の裏側には「待てません Can`t Wait」のカードになっています。

腸内環境の悪化はすべての病気の始まりです。病は気からではなくて、今や病は腸からです。腸内環境をしっかり整える食事、あるいはしっかりした腸内環境を整える善玉菌のサプリメントを賢く利用しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善に腸内環境を強化
健康の要は何といっても胃腸を丈夫にすることです。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

私たちが健康な生活を送れるのは食べることで栄養を摂取し、また食べた物が薬となるからです。こうして元気になるためには腸内の活動が正常でなければなりません。

腸内環境が乱れると腸内は正常な働きが出来なくなり、様々なものに対処できずに下痢をはじめ病気になってしまいます。

なぜなら、腸内では免疫力の活性、消化吸収、ホルモンや酵素の産出、体温調整、毒素排出など様々な基礎的な代謝が行われているからです。体の免疫細胞の60%以上は腸内にあるんですよ。

また、腸と脳は影響し合っているため、緊張する場面で、急にお腹が痛くなったり、下痢を模様したり、お腹にガスが貯まる等の症状が続いたりします。

これらの方は、腸内細菌のバランスが乱れている事が多い事でも知られています。

さらに、腸内細菌の状態は、うつ病にも関係する可能性があると言われています。

下痢が続くと気分が落ち込むでしょ!
下痢が起こる原因は大腸がん
腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。

ですから、添加物の多い食べ物は避け、食生活を見直し腸内環境を強化しましょう。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

また、必ず良くなると良くなった自分をイメージしていきましょう。
人間の頭にはスーパーコンピューターが内蔵されており、念じるだけで正しく体を動かす機能を持っていると言われています。

おなかの調子が快調になり、自分のやりたい事がどんどんできていくイメージをするだけで、イメージどおりに自己修復機能が働きどんどん改善されていくのですよ。

必ず良くなる、そして、自分のやりたい事、楽しい事がどんどんできると常にイメージして、下痢の改善に取り組みましょう。

間違っても、また今日も下痢だ!下痢の事ばかり考えてしまうなどということは避けましょう。
イメージ通り、今日も下痢になってしまいます。
下痢の治し方2
良くなる!と常にイメージする事が大切ですよ!
腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因