下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

カップ麺は添加物まみれ

カップ麺は添加物まみれ
今やカップ麺は大人から子供まで大人気の製品です。しかし、下痢が続く方や、下痢がなかなか治らない方などおなかが敏感な方は避けたい商品です。
下痢の原因は様々です
というものこれらの製品には大きな問題が二つあります。一つは麺を油で揚げてあるため、過酸化脂質が出来るからです。しかも時間の経過と共に過酸化脂質は増えていきます。

過酸化脂質は有害で、マウスに一定量を与えると死んでしまいます。おなかが弱い人は下痢を起こしたり、胃が痛くなったりします。酸化を防ぐためにとビタミンEを添加していますが、その働きは不十分で酸化を完全に防ぐことはできません。

もう一つは添加物が非常に多い事です。
下痢の原因はカップ麺
ちなみに成分は 
品名:即席カップめん
原材料名:油揚げ麺(小麦粉、植物油脂、食塩、チキンエキス、
ポークエキス、醤油、たん白加水分解物)味付豚肉、味付卵、
味付えび、糖類、醤油、食塩、ネギ、香辛料、野菜エキス

たん白加水分解物、ポークエキス、チキンエキス、
加工でん粉、調味料(アミノ酸など)、炭酸Ca、かんすい、
カラメル色素、増粘多糖類、乳化剤、

 酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイ色素、香辛料抽出物、
ビタミンB2、ビタミンB1、スモークレバー、酸味料、香料


加工でん粉以降には15種類の添加物が入っています。この15種類の添加物と過酸化脂質が一度に体内に入ってくると、食べた後に、胃の不快感(重苦しい、胃が張る、ピリピリした痛み)や下腹の鈍痛、下痢などを起こしてしまうのです。添加物は分子量が小さいのですぐに腸から吸収され、その成分が全身に回ります。

特に調味料のL―グルタミン酸Na(アミノ酸など)が大量に使われているので、腸からすぐに吸収され、そのため顔や腕に灼熱感感じたりすることがあります。

もちろん人によっては全く感じない人もいますが、症状に現れないだけで、有害な成分は血液に乗って全身に廻ります。

ちょっとした刺激で下痢になる人、下痢が続いている人、下痢を繰り返す人、子供や、病人などには決して食べさせたくない製品です。 

食品添加物は食べ物ではありません。食べ物は私達の体を育みますが、添加物は食品の製造や保存のために使われるもので、業者にとって都合の良いもので、私達消費者にとっては有害なものです。
下痢の原因は菌やウィルス
こうした加工食品を摂ることで体はダメージを受けます。腸内環境はますます悪くなります。

下痢の改善をするには、体に有害な加工食品は出来るだけ避け、出来れば腸内環境を整えるサプリメントで腸内環境を強固なものにしましょう。下痢改善の早道となります。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。
下痢の治し方2
何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない