下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

HOME

当サイトでは、下痢の原因から解消法までわかりやすく説明し、慢性的な下痢と戦う人の為に色々な情報を提供しています。

下痢を経験したことのない方は殆んどいないでしょう。それだけに便秘よりも下痢をするとちょっと心配になる時がありますね。また、小さな子供や赤ちゃんが下痢になると、とにかく不安になってしまいます。

順を追って下痢の原因、改善策を考えていきましょう。

急に下痢になった場合の注意事項 
下痢が3日以上続く場合や嘔吐・発熱などの症状もともなう場合、水のような激しい下痢の場合は受診が必要です。 お医者さんに相談しましょう。

一過性のもの、あるいは慢性的な下痢だったり、心配事があるとすぐに下痢になったり、突然襲われたなど、それだけでなく腹痛も伴うなど、一口に下痢といっても、その原因や症状は様々なものがあります。いつのものことだからと軽く考えていたけど、油断の中に大病が隠れていることもあります
下痢の原因緑の便が出たら
通常、便は大腸の中で水分やミネラルが吸収されて排出されます。健康的な便は水に浮かび、黄褐色でバナナ状の形です。しかし、何らかの原因で水分が充分吸収されずに、便が水のようになり、1日に何度も便を催すことがあります。更に症状がひどくなると、逆に腸壁から腸管内に水分が排出されます。これが下痢なのです。

大人の場合、食べ過ぎや飲み過ぎによる急性的な下痢をする人は非常に多いものです。これはあまり心配する必要ありませんが、腸内の状態は悪くなっていますので、ある程度の対処は必要となります。
子供の下痢
子供が下痢をした場合、時には心配のあまりどうすれば良いのかわからなくなり、焦ってしまうことがあると思います。しかし、下痢になる度に病院へ連れていくわけにもいきませんね。大人と子供とでは、また少し対処方法が違ってきますので、子供が下痢をした時の対処法なども知っておくと、いざという時に落ち着いて対応することが出来ます。

おなかの調子が悪い時の食べ物として食べて良いもの食べないほうが良いもの、あるいは食べてはいけないもの等があります。特に水分補給など、注意しなければならないこともいくつかあります。

また、嘔吐高熱血便など他の症状も同時に起こっている場合には伝染性の可能性がありますので、医療機関で診察・治療するなどきちんとした対処を行わなければなりません。症状が続いたり、下痢と同時に嘔吐や腹痛なども起こってしまった場合、何か変な病気ではないだろうかと過度に心配したり、慌ててしまいがちになりますが、そのような時のためにも下痢についての正しい知識と家庭でできる対処法を知っておくと安心です。

いつもの下痢だからと軽く考えたり、間違った治療方法をしていると、かえって下痢の症状を悪化させ、健康を損ねてしまうこともあるので、正しい知識を身につけておくようにしましょう。

当サイトでは、下痢の諸症状から憶測できる原因や対処方法、下痢の種類や危険な症状など、下痢についての正しい知識をたくさん紹介していますので、参考にして頂ければ幸いです。

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因